【コロナ禍における与信管理】与信管理担当者必見の無料ウェビナー開催!!

【コロナ禍における与信管理】与信管理担当者必見の無料ウェビナー開催!!

[与信管理協会×アラームボックス 共同セミナー]コロナ禍における与信管理

コロナウイルス感染拡大から、まもなく2年が経とうとしています。
いまだ景気回復の兆しが見えない中、与信管理の強化は急務と言えます。

与信管理分野における理論及び実務の研究、専門的能力の向上を推進する『一般社団法人与信管理協会』と、オンラインデータを活用した全く新しい与信管理サービスを提供する『アラームボックス株式会社』とが共同して、このコロナ禍を生き残るための与信管理についてお話しさせて頂きます。

◆開催概要

【日時】2021年11月16日(火)16:00ー17:30
二部構成
第一部:与信管理協会「With コロナ時代の動態審査の在り方」
第二部:アラームボックス「~コロナ禍を生き抜くために~オンラインデータを活用した企業調査DX」
【会場】オンライン(ウェブセミナー)
【参加費】無償
【対象】経営企画、リスク管理部門、管理部門

▼申込フォーム

https://share.hsforms.com/1-AW4HtK7RlaFJOP8UDzvrg46rlf
※申込締切日 11月10日(水)

◆講師紹介

大宮 有史

一般社団法人与信管理協会 代表理事
千葉商科大学大学院 客員教授

1981年三菱商事株式会社入社、審査部配属。国内外の与信・事業投資案件の審査業務に携わる一方、上海三菱商事の財務会計審査部部長として海外現法のCFOを経験。 帰国後は関西支社リスクマネジメント部長、三菱商事フィナンシャルサービス副社長兼審査グループ長等を歴任、一貫して審査畑を歩む。

阿部 圭将

アラームボックス株式会社 東京本社マネージャー
兼フィールドセールス責任者

不動産業界を経て2017年アラームボックス株式会社入社。売掛債権保証の業務に携わり、その後アラームボックス事業においてインサイドセールスを立ち上げ、現在はフィールドセールス責任者として、大手企業を中心に与信業務のアドバイスを数多く行う。一方、与信管理業界やIT業界のセミナー・イベントなどにも、講師としての登壇実績を有す。